公務員志望動機

私は民間企業で人事採用担当を20年以上にわたり携わってきましたが、 最近では関東圏の市役所採用面接において、
民間人面接官 も務めたこともあります。

過去に面接した人数は約4,000人を超え、
面接試験のプロフェッショナルでもあります。

私が市役所で面接官をした際には、現役の市役所職員の方と組んで面接業務を行いましたが、
市役所職員の採用面接官が、どのような考えで面接試験に臨み、 受験生をどのような視点で見て、どのような基準で受験生を評価をしているのか?

というのは、民間企業と公務員では異なるところもあり、非常に興味深いものでした。

現在は、そういった過去の経験を生かして「公務員面接試験研究所の特別研究員」として 多くの方の公務員試験における面接対策のお手伝いをしています。

その結果、多くの公務員試験の合格者を生んでおります。





公務員志望動機
公務員志望動機

 教材には、テンプレートに当てはめ、簡単な作業をするだけで納得いく志望動機ができる方法や、普通では知り得ない面接試験のポイントが的確に説明されていました。今までの面接試験に対する意識がガラリと変わりました。  さらに、7月のセミナーでは、第一印象をアップさせるテクニックをしっかりと学ぶことができました。これらを忠実に実践した結果、11月の東大和市役所の面接試験に最終合格 することができました。  私は今春から東大和市の職員になります。安定しているからという理由で公務員試験に挑戦した私ですが、数々の試験を受けながら、縁もゆかりもない東大和市に合格した今『地元ではないからこその視点を持って、東大和市に新たな風を吹き込みたい!』という気持ちも湧いてきている自分に少々戸惑っています。  この教材は、公務員試験を受けようとする全ての受験生にお勧めです。面接の基礎から本質、果ては裏側までを斬新な視点で説明したこの教材は、巷の参考書とは一線を画します。特に『どこでもいいから公務員になりたい』と思っている受験生の場合、そのままの気持ちで面接試験を突破するのはまず厳しいです。そういった方にこそ、是非この教材で対策し、周りの受験生よりも一歩リードした状態で面接試験に臨んでいただきたいと思います。間違いなく世界が変わります!

公務員志望動機

 本日、千葉県地方上級試験の最終合格者が発表され 、合格 が確定しました。色々と、お力添えを頂き誠にありがとうございました。  教材の実践と共にセミナーに参加したことで、面接官の気持ちが分かり、どう評価されているか分からないことによる不安や焦りをあまり感じず、どのように言えば自分を伝えられるか に意識が集中出来たことが良かったのかも知れません。 また、教材とセミナーによりシミュレーションを行え、引き出しを増やせたのに加え、面接直前に懇親会でお会いした講師の方々より励ましのメールを頂けたおかげで、落ち着いて面接を受けられました。  あそこまで、主催者側の暖かさを感じたセミナーに参加したことはありませんでした。面接対策としてだけでなく、今後の人生においても宝となるものを頂いた気がします。  また、何かの機会でお会いできたら幸いです。誠にありがとうございました。

公務員志望動機

公務員面接試験研究所の皆様 いつもお世話になります。7月のセミナーに参加した○○です。なかなか連絡できず申し訳ありません。 本日、市役所からご縁があったとの通知が届きました。夏以来、最終面接がなかなか突破できず苦戦していましたが、何とか2012年度合格に滑り込むことができました。 教材や先生の指導に忠実に、基礎からもう一度確認していったことが結果につながったと思っています。 またセミナー時の皆様の励ましで勇気付けられました。 本当にありがとうございました。

公務員志望動機

2014年04月20日

【公務員志望動機】公務員で合格する志望動機はコレです!




公務員面接試験一発合格講座



公務員志望動機




公務員志望動機

公務員志望動機

公務員志望動機


この中で、ひとつでも当てはまるものがあるのなら、あなたは膨大な時間を無駄にし、
公務員試験の合格から遠ざかっていることになります。
その理由を公開しますので、5分だけこの手紙を読み進めてください。

公務員志望動機


ここ数年、就職難が続き、公務員試験の受験倍率もあがっています。
そして、公務員試験は筆記試験よりも面接重視へと、よりシフトしてきています。
筆記試験配点に対する面接配点との倍率差 私も、数多くの公務員面接試験に関する予備校の講座や参考書を研究してきました。
しかし、それらを見るにつけ、心の中ではいつも、
「この教材で対策をして、果たしてどれくらいの人が実際に面接試験に合格できるのだろうか?」
という疑問がつねにありました。


それは、なぜか?

公務員志望動機


普通の公務員試験であれば、面接試験をクリアしなければ、公務員になることは絶対に出来ません。


しかし、多くの方が面接の重要性について理解していないから、
いつまでたっても面接対策といえば、模擬面接と思い込み、模擬面接をたくさん受けるのですが、
「面接対策=模擬面接を受けること」
になってしまい、結局は何の対策にもならず、面接試験に合格できない のです。


このままでは、公務員になりたい多くの人たちは、
無駄な模擬面接を受け続け、講師からのピントのずれたアドバイス を聞き、
無駄な時間を使うだけで、いつまでたっても合格レベルに達することができない・・・
面接試験の本質について理解していなければ、あなたはいつまでたっても公務員になれないのです。


逆に面接試験の本質について理解し 、しっかりと事前準備をして、面接官を味方につけていれば、
面接官から思うように質問を引き出して、あなたの話したいことだけを話すことだってできるのです。


模擬面接ばかり受けて、面接が上達している気になって満足するのはもう終わりにしませんか?

面接官の気持ちをしっかりと理解すれば、
最短距離で公務員試験に合格し、公務員として働き始められるのです 。

公務員志望動機



公務員志望動機


それは「知っているか、知らないか」の違いだけです。
たったこれだけのことです。ほんの僅かな違いなのですが結果は大きな違いとなって現れます。
面接を受ける意味や、面接の本質について理解しているかどうか?
たったこれだけです。


以前、私が話を聞いた受験生で、立て続けに3つもの内定をもらったという方がいました。
しかし、彼が何故こんなに短期間で内定をもらうことができたかが理解できました。
彼は面接カード提出の時に、面接官が面接時に本当に聞きたい本質を全て完璧に書き込んでいました。


ほとんどの方はこれができません。
ここまでしっかりと内容を吟味して書いてくれるならば、面接官としては話は非常に早いのです。
また、公務員として必要な資質についても、評価のツボを押さえていて、面接試験は簡単に合格しました。


後日、この受験生にお会いした時に、
どうしてここまで面接官のツボを押さえることができたのか? を聞いてみました。
すると、彼の親戚が、とある自治体の採用担当者で、
その親戚から「面接試験の意味や面接官の心理を理解すれば面接試験は簡単だ」と教えられ、
その為には何をしたらいいのかを教わったというのです。


いかに、面接試験の意味を理解すること、面接官について理解するかが、
合格への早道か理解いただけたのではないかと思います。


あなたも、このテキストの内容を身につければ、
この受験生のようになれるのです。

公務員志望動機



公務員志望動機


ここまでお読みいただいたあなたは、 少なからずこの教材に興味を持っていただいたのですね?
大変光栄なことであり、あなたに感謝いたします。
ありがとうございます。

さて、この
「面接試験の本質を知り、面接官の心を掴む受け答えを準備し、面接試験に合格する方法」
をいくらであなたに公開するか?
生涯賃金3億円と言われている公務員になれるテクニックをいくらにしたらいいか?
正直悩みました・・・

この教材によって、普通に定年まで働けば生涯賃金が3億円といわれる給与を手に入れる権利を得られるのですから・・・
時間に余裕のある公務員ですから、アフターファイブは趣味の時間に当てる事だって可能になってくるのですから・・・
また、 実際に市役所での採用面接官経験者が、面接試験の裏側や合格するための答えについて
詳しく教えること自体あまりない のですから・・・


私の「面接官の心を掴み、合格するための知識」 は、昨日今日で身につけたものではありません。
過去に数多くの面接試験をこなし、さまざまな人事担当者から聞き取りを行い、
公務員面接試験研究所メンバーの元公務員たちとディスカッションをして、 私はこのノウハウを形作ることが出来ました。


現役の市役所面接官や元公務員たちが、受験生に面接試験に 合格するためのエッセンスを
直接教える面接対策講座 などは、そうはありません。


私は、この面接対策講座をいくらであなたに提供したらいいのか正直悩んでいます。
ですので、値段をあなたに提示する前にまず商品内容を確認していただきたいと思います。


公務員面接試験一発合格講座 〜実践講座DVD付〜
の商品パッケージです。

公務員志望動機


公務員志望動機






公務員面接試験一発合格講座



公務員志望動機




posted by 公務員志望動機 at 23:46| Comment(0) | 公務員 志望動機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。